ニュアンスカラーコーデ!40代〜50代の女性は、この色の組み合わせ

秋冬のファッションでこだわりたいのが、流行のニュアンスカラーです。メリハリを効かせたモノトーンでもなくて、ぱっと目を引くような鮮やか系でもなくて、40代〜50代の大人の女性にふさわしい余裕のあるカジュアルを生みだす色です。繊細な中間色のニュアンスカラーコーデを紹介します。

 

スモーキーなカーキのグラデーションコーデ

ニットやパンツだけでなく、小物にいたるまで、カーキの濃淡で統一するスタイルは、デリケートな色の差に、こだわればこだわるほどに大人のカジュアルは熟成します。
体を華奢に見せるゆったりとしたローゲージニットと、細身のスエードパンツのバランスが、大人の休日スタイルにピッタリのリラックス感を醸します。
淡いカーキのシャツに、ブラウンに近いカーキのニットをレイヤードします。スエードパンツはフォグカーキを選んで、足元は黒のショートブーツで引き締めます。

 

秋色ブラウンのワントーンコーデ

テラコッタやキャラメル、コニャックなど、濃厚なブラウンを重ねてみると、すべての色が一体となって秋色ワントーンができあがります。ポイントは、黒や白を間に入れないことです。あえて異素材ミックスにして、色が放つコクを楽しむとカジュアルの幅が広がります。
トレンドのとろみ素材のオレンジ色ブラウスに、キャメルの細身テーパードパンツを合わせます。ウエストアウトで着こなせば、女っぽさが香るきれいめ大人カジュアルになります。ショルダーバックと靴もコニャックブラウンや、キャラメルブラウンで統一します。

 

辛口の女らしさならモーブピンクコーデ

甘さを抑えた大人ピンクは膨張色だけど、すっきりとおしゃれに見せるコーディネートがあります。ビッグニットとプリーツスカートのロング&リーンなバランスです。ヒップが隠れるくらいのロング丈ニットに、プリーツスカートと合わせるとたちまちモードに変身します。
カジュアルなミドルゲージのリブニットをゆったりと着て、ウール地のプリーツスカートの上に重ねます。ヴァレンティノのベルト付きニットなら、さりげなくウエストマークもできてスタイルアップできます。ギターベルト風の太ストラップバッグをななめがけにして、モードな装いを程よくカジュアルダウンするのがポイントです。

 

ブルーのトーンONトーンの着こなし

限りなく黒に近いネイビーから、発色のいいインディゴまで、落ち着いた雰囲気のディープ・ブルーのワントーンには、相性のいい差し色を効果的に使います。
デニムアイテムを上下に重ねた、難易度の高そうな着こなしには、トーンを合わせたロングスカーフが活躍します。
洗いのかかったナチュラルな風合いのデニムシャツと、きれいめなジーンズを合わせます。裏表で柄が異なるブルー系のロングスカーフを、あえてゆるく結んで胸元に垂らします。多くの色と豊富な絵柄がそろうエルメスのロングスカーフなら、ラグジュアリーなトーンオントーンの配色技が引き立ちます。仕上げは明度をあわせた、バーガンディのアウターを肩がけにしてアクセントをつけます。

 

ラベンダーグレーのニュアンスコーデ

品格と幸福感が共存する大人の色が、ニュアンスグレーです。なかでもこの秋見逃せないのがラベンダーグレー。白よりもやわらかくて、ピンクよりも落ち着きのある、甘さ控えめなパステルトーンです。
新色のラベンダーグレーを主役に淡色ワントーンをリッチにみせるなら、素材のボリューム感がポイントになります。ハイゲージの淡いグレーニットに、リバーシブルのラムファーベストを重ねて、あえて同じトーンのラベンダーグレーのワイドパンツを合わせて、洗練された女らしい印象にスタイリングします。バッグや靴は、差し色としてスモーキーグレーやトープを選びます。