ブルガリが「セルペンティ」を新解釈!新作は六角形の鱗デザイン

ブルガリ(BVLGARI)を代表するコレクションのひとつに、蛇をモチーフにした「セルペンテイィ」があります。1940年代に誕生したシンボリックなモチーフは、時を重ねる間にさまざまな手法で官能的に表現され続けています。
今回の新作は、今までとは少し違うデザインと解釈のセルペンティです。
六角形の鱗を重ねた、モダンで豪華なデザインが特徴です。スネークヘッドにはエメラルドの瞳が据えられています。パヴェダイヤの隙間から、まるでこちらを見据えているようなグリーンアイが印象的なアクセントになっています。

 

ブルガリにとってエメラルドは特別な石で、ブランドのミューズであるエリザベス・テイラーがここぞという時に身につけたのが、恋人から贈られたブルガリのエメラルドです。
今年は、スネークヘッドとエメラルドの完璧なマリアージュが生み出す新作が、ブルガリの伝説を語り継ぎます。

 

セルペンティコレクションは、今の時代ならではのモダンなムードをかけ合わせたスタイリッシュなたたずまいで、さまざまなドレスアップスタイルを盛り上げてくれます。ホワイトゴールドとエメラルド、ダイヤモンドをあしらったブレスレット、ネックレス、イヤリングが揃います。どれも魅惑的な表情を持つ、スネークヘッドの斬新なジュエリーに仕上がってます。